祭壇電気代

2021年03月10日

チューブは抜去

2泊3日で他の病院で治療を受けて戻って来たねえちゃの様子が記された、下記のような内容の書類が、病院から送られてきました。胆のう炎の治療のためにつけていたチューブは外すことができるようになり、食事も自力で取れているようですが、同じ事を何回も聞くことが頻繁になり、認知能力が急速に衰えてきているようです。
2月17日、PGBDチューブの入れ替えのため転院。
2月19日、再入院。PTGBDチューブは抜去される。

起居るは「起きれるかな?」と言いながら自力で起き上がり可能です。移乗動作は歩き出そうとするなど危険が見られるため掴まる位置など一つずつ声掛けしゆっくりと行っています。

離床の誘いに対しては受け入れ良く離床できています。作業活動では主に編み物を行い、「これでいいの?」「全然できない」と言いながらも作業をしっかりと進めることができています。

介入の最後には日記を書いていますが、直前に行った作業も忘れてしまうため内容を自分で考えることができず、こちらで提示が必要です。自分の感情や天気については自身で文を考えて書くこともできています。

漢字は忘れているものも多く、職員に聞いたりひらがなで書いたりされています。今後も介入時には書いていくようにしていきます。


harutoshura at 21:18│Comments(0)ねえちゃの近況 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
祭壇電気代