2021年03月

2021年03月29日

電話・ネット解約

水道、電気につづいて、ねえちゃの家の固定電話とネットサービスも3月末までで打ち切る手続きをしました。

この1年余り、電話やひかりのスイッチを切っておいたのですが、まったく支障がなかったため、今年度限りでKDDI系のプロバイダーとの契約解除に踏み切りました。

もっと早くにやめておいてもよかったのですが、ねえちゃが長年親しんできた電話番号を捨ててしまうのが最後までしのびなくて・・・・・・。

ですが、いまや認知症が進んで、自分の家の電話番号も頭から抜け落ちてしまっています。それに、携帯電話のほうも、長期の入院で全く使わない状態が続いているのです。

いまや固定電話を持たない人も増えているご時世。経済的なことを考えても、このあたりが潮時かな、と判断しました。これで、ねえちゃの家のライフラインはすべてストップとなりました。


harutoshura at 14:45|PermalinkComments(0)ねえちゃの近況 

2021年03月19日

電気代

緊急事態宣言が解除の見込みになったので、きのう、昨年11月以来、久しぶりに長野市のねえちゃの実家を尋ねました。ただ、入院中の病院は依然として面会ができないままの状態です。

家は、これといった異変はありませんでしたが、昨年も不思議に思っていたことではあるのですが、驚いたのは電気の使用量が異様に多いこと。昨年11月に、家の中のブレーカーを落としておいたのに、たとえば、この1月分の電気代は、3,1394円となっています。

この冬は誰も電気を使っていないのに、何でこんなに取られなければならないのか。電力会社に問い合わせても「長野の場合は、凍結防止のため冬は高くなるので、そのためだとは思います」程度の不確かな返事がかえってくるだけでした。

きょう改めて、あれこれ文句をいい、調べてもらうと、凍結防止用に家の中とは別の配電の設備が使われているとのことで、それが稼働しているんと、その設備に不具合が生じている可能性もある、とのことでした。

家のそのあたりの設備がどうなっているのか、認知症が進行したねえちゃに、たとえ聞けたとしてもわかろうはずもありません。いずれにしても、だれも住んでいない家に、電気代だけで月3万円もかかったのでは、貧乏人は破産です。そこで、きょう19日に、電気の契約をひとまず打ち切りました。

それにしても、ねえちゃが住まなくなってから、水道がほとんど使われていない様子を見て「使わなくても基本料が取られてしまうので、水道を止める方法もあります」などと、いろいろアドバイスをしてくれた水道屋さんに対して、だれも居なさそうなのに機械的に3万円以上の請求しても、何とも感じない電気の人は対称的です。

いのちの水を扱う業界と、人類を抹殺しかねない原発頼りの電気の業界の人では、やはり人間への思いやりの置きどころが違っているのでしょうか。


harutoshura at 13:51|PermalinkComments(0)ねえちゃの近況 

2021年03月10日

チューブは抜去

2泊3日で他の病院で治療を受けて戻って来たねえちゃの様子が記された、下記のような内容の書類が、病院から送られてきました。胆のう炎の治療のためにつけていたチューブは外すことができるようになり、食事も自力で取れているようですが、同じ事を何回も聞くことが頻繁になり、認知能力が急速に衰えてきているようです。
2月17日、PGBDチューブの入れ替えのため転院。
2月19日、再入院。PTGBDチューブは抜去される。

起居るは「起きれるかな?」と言いながら自力で起き上がり可能です。移乗動作は歩き出そうとするなど危険が見られるため掴まる位置など一つずつ声掛けしゆっくりと行っています。

離床の誘いに対しては受け入れ良く離床できています。作業活動では主に編み物を行い、「これでいいの?」「全然できない」と言いながらも作業をしっかりと進めることができています。

介入の最後には日記を書いていますが、直前に行った作業も忘れてしまうため内容を自分で考えることができず、こちらで提示が必要です。自分の感情や天気については自身で文を考えて書くこともできています。

漢字は忘れているものも多く、職員に聞いたりひらがなで書いたりされています。今後も介入時には書いていくようにしていきます。


harutoshura at 21:18|PermalinkComments(0)ねえちゃの近況