2回目腕時計

2016年11月17日

黒豆

最近、生協の宅配で、煮込んだ黒豆を注文するようになり、ねえちゃはそれを楽しみにしています。

黒大豆は中国が原産で、2000年くらい前に日本へ伝来したと考えられているとか。

「絵本江戸風俗絵図」には「重詰の品は田作(ごまめ)、数の子、座禅豆(黒豆)の三重なり」などと記され、江戸後期にはすでに正月に欠かせない料理になっていたようです。

おいしく煮るには、きれいな黒色にするためにさびくぎを使ったり、何時間もかけてじっくり煮込んだり、さらには、火加減の調整や差し水の仕方など気を配る必要があります。

以前は、お正月の前になるとねえちゃも毎年、黒豆を煮ていましたが、いまではとても出来ません。

パック詰めされた煮豆をお皿に開けて「よ~く煮込んであって、柔らかさ、味付けもちょうどいい」と感心しながら、生協の黒豆をモクモクと食べています。



harutoshura at 22:48│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2回目腕時計