頭の具合が悪いから寝ている、といって今日ねえちゃは、珍しく夕食もロクに取らずに早々と床に就きました。

とはいっても、話をしていてもどこかが悪そうには見えません。ときおり起きてきては、ミカンやアイスクリームをむしゃむしゃ食べてはいます。

そして、ゴミや食器の後片付けはいつものようにこまめにやります。日記を書いたかどうか、忘れてはまた開いてのチェックを何度もしています。

料理の仕方を忘れてしまって、夕食を作ったりすることはほとんど出来なくなった昨今ですが、後片付けの習慣は、以前にも増して厳格になったような気がします。

誰が来るというわけでもないので、体調が悪ければしばらく放っておいていいのにといっても、何が何でもすぐにきちんと片付けないと気が済まないようです。

若い時からずっとやってきているのだから料理をすることだってからだに沁み付いているはずなんですが、どうして後片付けだけは忘れないのか。不思議です。