食べたものを書くラ・フランス

2016年10月24日

ピルケースにふた

認知症が進んでいる一人暮らしのねえちゃにとって最も難題なのが、毎晩一回決められた薬をきちんと飲むことです。

15の部屋(セル)に分かれたピルケースに、それぞれ日付と曜日を書き込んだラベルを貼る。そして、そのケースをテーブルの、ねえちゃが座るところにくっつけて置く。

この方法でなんとかやってきたのですが、最近は夕食後にその日の分の薬を飲んで寝たあと、未明の2時か3時にトイレに起きたときに、また飲んでしまうことが増えてきました。

しょうがないので応急措置として、段ボールの切れ端に「今夜の薬はもう飲んだ」とマジックで大きく書き込んで、寝る前に薬を飲んだらこの切れ端を、ふたのようにピルケースに被せて置くように習慣づけることにしました。

とりあえず、今晩分の薬を飲んだ後、自分で字が書かれたこのふたをケースにのせて床に就きました。

はたしてうまくいくかどうか。将来的には毎日、その日の分の薬を届けてもらうようなサービスを利用しなくてはなりそうですが。
 


harutoshura at 22:38│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
食べたものを書くラ・フランス