きょうの夜、「具体的にどういう介護が必要ですか?」と担当の女性から電話がありました。

9月13日に介護保険の調査員とかたと面談をして、「結果は1カ月くらいかかる」ということだったのを思い出しました。

女性の話だと、要介護申請が通ったそうで、すでに通知が送られているはずだといいます。

ねえちゃに尋ねてみると、何が送られてきているのか、いつものようにすっかり忘れてしまっています。

「最近とどいた手紙を全部ここに出して」というと、持ってきたものの中に、「介護保険負担割合証在中」と大きく書かれたちっちゃな封筒がありました。

「大事なものなんだから、ちゃんと保管しておかないとダメじゃない」

というわけで、届いた郵便や書類だけを入れる箱を一つ作って、テーブルの上に置いておくことにしました。

どういう介護サービスを受けるのが、いまのねえちゃにとってベストなのか。さっそく検討しなければなりません。