大河ドラマ「真田丸」で、真田ひもの話が出てきました。真田ひもは、木綿など材料に縦糸と横糸を使って機で織った平たく狭い織物のひもです。

一重織りや袋織りがあって、茶道具の桐箱のひも、鎧兜を結んだり、刀の下げ緒、帯締め、帯留、荷物ひもなどに用いられてきました。

真田ひも
 
伸びにくくて丈夫なので、重いものを吊ったり、きっちりきつく縛ることができます。色とりどり多くの柄があって、家紋のように代々同じ柄の真田ひもを使う家もあるようです。

関ヶ原の戦い後に九度山に蟄居していた真田信繁たちが、脇差の柄を巻いたりするのに真田ひもを用いていたのは事実のようですが、組み方を発明して生計を立ていたというのは俗説で、真偽のほどは定かでないようです。

真田家の本拠地だった上田は、丈夫な紬つむぎの縞織物として知られる上田縞の産地、一方、九度山も織物が盛んだったことから、こうした逸話も生まれたのでしょうか。