ねえちゃは、お金持ちではありませんが、だれにも借金をしないことを鉄則にしてずっと生きてきました。

30年ほど前に建てたいまの自宅も、ローンを組まずにキャッシュで払った、というのが自慢です。

そういえば、ねえちゃが生まれ育った長野県・下條村も近年、借金なしの健全財政で全国的に有名になりました。

総務省のきのうの発表によると、借金返済の重さを示す同村の実質公債費比率(2015年度決算)はマイナス6.6%で、2年連続で全国の市区町村で最も低かったそうです。

2009年度決算でマイナス0.2%と初めてマイナスになり、以後毎年マイナス幅が拡大して、14年度にはマイナス6.4%で、全国の市区町村で最も低くなりました。

1981年に59人だった同村の村職員数を37人にまで削減するなど、経費削減を進めてきた成果です。ねえちゃや下條村の姿勢、見習たものだと思います。