ねえちゃは、保険や介護関係などいろんな手続きに必要になってきた「マイナンバーカード」のことが、まだよく分かっていません。

郵送されてきた「通知カード」は、健康保険証とともにとても大切なものだからと、財布の中に入れてはあります。

通知カードに書かれている番号は、日本国民であることの証しになるものだから、といちおう話しています。

ねえちゃは運転免許証を持っていないので、マイナンバーカードを作っておけば身分証明書の役割を果たして便利です。

ですから、近くのスーパーに置いてある自動撮影機の前を通るたびに「ここで写真を撮ってカードを申請したら」というのですが、ねえちゃはなかなかその気になってはくれません。