防災MRI

2016年09月06日

りんご三兄弟

いよいよ「りんご三兄弟」のシーズンが近づいてきました。

りんご三兄弟は長野県で生まれ、いま売り出し中のオリジナル品種のりんご、「秋映(あきばえ)」「シナノスイート」そして「シナノゴールド」をいいます。

三兄弟のうち一番早く食べられるのが、長男の「秋映」です。「千秋」と「つがる」を交配し、1993年に品種登録されました。

収穫時期は今月下旬から10月中旬にかけて。濃い赤色をしていて酸味が強く、肉質は硬くしゃきしゃきと噛みごたえが魅力。

「ふじ」と「つがる」を交配してつくられた次男の「シナノスイート」の旬は10月。果汁が多くて、甘味たっぷりです。

三男のシナノゴールドは、10月中旬から11月上旬と三兄弟で収穫がもっと遅いのが特徴です。「ゴールデンデリシャス」と「千秋」を交配してつくられた、黄色いりんご。酸味と甘味のバランスが抜群です。

ねえちゃの暮らす青木島でも、リンゴが一斉に実をつける季節がもうすぐです。


harutoshura at 23:05│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
防災MRI