「おじいさんが死んだのいつだったの?」

きのうのつづきで、朝からまた繰り返しねえちゃに聞いてみました。

最初は「忘れた」「3年前だったっけ?」などと言っていましたが、

「そうじゃなでしょ、きのうメモしたノートを見て!」

とやっていると、「5年前」、「東日本大震災の3日後」と、だんだんはっきり答えられるようになって来ました。

忘れたかな、と思ったころまた聞いてみても、今度はちゃんと「5年前」。

「繰り返し」の効果は、あるみたいです。

これからも、粘り強くあきらめず、でいくことが大切のようです。