噴出平成から令和へ

2019年04月30日

タキシフォリン

ポリフェノールの一種「タキシフォリン」に、アルツハイマー病に関係する異常なたんぱく質の蓄積を抑える効果があることが、マウスの実験で分かったそうです。

アルツハイマー病は、アミロイド・ベータというたんぱく質が、脳内にたまることによって発症すると考えられています。

国立病院機構京都医療センターなどの研究チームは、脳にアミロイド・ベータがたまるマウスに、発症する前から13カ月間、1日200ミリグラムのタキシフォリンをえさに混ぜて与えました。

その結果、ふつうのえさを与えたマウスと比べ、脳内のアミロイドβの蓄積や炎症を起こす細胞の数が半分以下に抑えられ、認知機能も健康なマウスと変わらなったそうです。

タキシフォリンは、果物、野菜、ワイン、茶、ココアなど、植物由来のいろんな食物に含まれていて、多くの種類の癌細胞の抑制効果を示すことでも知られています。


harutoshura at 15:30│Comments(0)アルツハイマー病関連 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
噴出平成から令和へ