ビタミンE峰さんのお姉さんと……

2019年02月13日

アルミニウム

アルミニウムの摂取がアルツハイマー病の原因のひとつであるという説があります。

第2次世界大戦後、グアム島を統治した米軍が、老人の認知症の率が異常に高いことに気づき、調べたところ地下水に非常に多いアルミニウムイオンが検出されたそうです。

1989年には、飲料水中のアルミニウム濃度とアルツハイマー病の発病率に相関関係があるという大規模な疫学調査の結果が「ランセット」の巻頭をかざり、注目されました。

アルツハイマー病患者には、アルミニウムが含まれるベーキングパウダーを使って調理したパンケーキ、ワッフル、ビスケットなどの食品の摂取が多かった、という症例対照研究もあるそうです。

一方、アルミニウムを多くとり入れた薬とアルツハイマーのリスクは無関係だったという追跡調査など、関係を否定する研究も出ています。

アルミニウムとアルツハイマー病の関係については、いまだ決着は着いていないというのが実情のようですが、アルミニウムに神経毒性があることは多くの専門家の認めるところ。蓄積しすぎれば、脳に障害を与える可能性を高めることは確かです。

そのため、アルミニウムを封鎖してしまうキレート剤を使う試みも実施され、一定の成果をおさめているそうです。


harutoshura at 21:05│Comments(0)アルツハイマー病関連 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ビタミンE峰さんのお姉さんと……