アポリポ蛋白E年末年始

2019年01月13日

「女性である」のもリスク?

ねえちゃのグループホームに入っているのは、それが偶然なのか、何か特に理由があるのかは知りませんが、ねえちゃも含めてほとんどが女性のかたです。

それとは直接関係はないでしょうが、一般にアルツハイマー型認知症は、男性よりも女性に多く見られる傾向があるようです。

米国のアルツハイマー病にかかった65歳以上の人々550万人のうち、340万人が女性で、200万人は男性、つまりアルツハイマー病にかかった米国人のざっと3分の2は女性である、という報告もあるとか。

では、「女性である」ということも、アルツハイマーの危険因子として考えていいのでしょうか?

一般に女性のほうが男性よりも長生きするわけですから、相対的に患者が多くなるのは当たり前のようにも思われます。が、平均寿命の違いによる影響を統計学的に差し引いても、女性のほうがリスクが高いという分析もあるそうです。

閉経後の女性ホルモンの欠乏によって脳の病的老化が進むから、といった生理学的要因から、教育や職業など社会的要素までさまざまな検討が成されていますが、まだ、はっきりとした結論が出るには至っていないようです。


harutoshura at 19:25│Comments(0)アルツハイマー病関連 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アポリポ蛋白E年末年始