電気屋さんのカレンダー認知症の中の認知症

2018年12月28日

15年

仕事納めのきょう、このあいだ買った来年の日記帳をもって、2週間ぶりに、ねえちゃのグループホームへ行きました。

「マスクと帽子をしててもお前の顔はわかる」と、いつものように足をバタバタさせて喜んでいました。

書き込むのはあと何日かだけになった今年の日記帳をペラペラめくって見ると、忘れずにほとんどぎっしり欄を埋めて、毎日ずっと書きつづけてきたことが分かります。

月初めに、その次の行事や出来事を書く欄も、小まめに記入されています。

日記をつけてから寝る、という習慣は、スタッフの人たちの協力もあって、今年も一貫して続けることができました。

これで、2004年から毎日欠かさずつけるようになった日記は、3年連記が3冊、5年連記1冊、それに今年の1年用日記帳と、15年間つづいたことになります。

来年の目標は、その日に何を食べたとか、ほんの少しでいいから、きのうと違うきょうあったことを見つけて書き込むようにしていくことです。


harutoshura at 22:21│Comments(0)ねえちゃ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
電気屋さんのカレンダー認知症の中の認知症