リタ・ヘイワースロナルド・レーガン

2018年12月18日

女優の死

1977年、リタ・ヘイワースは禁断療法を行うようになりました。『ギルダ』でリタと共演して一躍名をはせた俳優グレン・フォード=写真=に対し、垣根越しにジンの空瓶を投げつけるというようなアルコール中毒者的な光景を見せつけるようになったのです。

G. Ford Gilda 3 (1946)

荒れてビバリー・ヒルズの通りをさまよい歩き、どこにいるのか分からないようになると、彼女は住所が書かれたメモ書きをバックに入れて持ち歩くようになりました。彼女はアルコール依存症とされましたが、実際は自分に絶望して飲まざるをえなかったのです。

彼女には、オーソン・ウェルズ(2番目の夫)など5回の結婚歴がありましたが、2番目の夫アリ・カーン皇子との間にできた娘ヤスミンは、母親が誰なのかを分からせようと努めました。

彼女は母親を鏡の前に立たせて「見える? これはあなたよ。リタ・ヘイワースよ!」と語りかけましたが、母は自分の赤毛をじっと見つめているだけでした。

1981年、医師はアルツハイマー病との診断を下しました。リタは、娘や看護師の世話を受けてなんとか暮らしていかなければならなくなりました。1日に12時間の睡眠をとった残りは、うつろに前を見つめているだけでした。

1984年には、ほとんど口もきけなくなっていました。まれに「彼だったらそうするわ」とか「彼は私がどのようにしなきゃいけないか、やってみせてくれたわ」などと突然口走りました。

1987年、リタは精神錯乱の中、からだの自由もきかず、ニューヨークの自宅で人生の幕を閉じました。68歳でした。一世を風靡したこの有名女優の死は、「アルツハイマー病」を世界中に流布することになったのです。


harutoshura at 23:57│Comments(0)アルツハイマー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リタ・ヘイワースロナルド・レーガン