誕生祝季節の移ろい

2018年09月14日

ユマニチュード

認知症について考える、ということは、人とは何かということについて考えることにつながります。

フランスには、40年近く実践されてきた「ユマニチュード」という認知症ケアメソッドがあるそうです。ユマニチュードというのは「人間らしさを取り戻す」という意味のフランス語の造語だそうです。

重要なのは、人は、そこにいっしょにいる誰かに「あなたは人間ですよ」と認められることで人として存在できる、という考えに基づいてケアにあたること。

そして、介護をする人も受ける人も自由で平等だと考えれば、互いを尊重する気持ちが生まれ、両者の間によりよい関係が生まれる、ということになります。

ユマニチュードの「4つの柱」は、「見る」「話す」「触れる」「立つ」という、私たちがふだん大切な人に無意識にしている行動だといいます。


harutoshura at 22:53│Comments(0)アルツハイマー病 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
誕生祝季節の移ろい