セクハラなどの問題で、善光寺のトップ、小松玄澄貫主がこの3月、天台宗から解任されました。これを受けて、新しい貫主が任命辞令を受けたというニュースが流れていました。

新しい貫主となった瀧口宥誠さん(84)というかたが、大津市の滋賀院門跡で大勧進住職(貫主)の親授式に臨んで、天台宗の座主から任命辞令を受け取ったのだそうです。

そういえば、ねえちゃのグループホームでは、6月に、新しい貫主になった善光寺に出かける行事を予定しているようです。

瀧口・新貫主は、「大勧進の信仰の回復、発展のために少しでも一助になれば」と述べたとか。ねえちゃを含めて長野市民の誇りである善光寺。新しいトップのもと、少しでもはやく信用が回復されるといいですね。