帰らないと身体拘束禁止のための指針

2018年05月15日

「え~。うそ」

きのうの夜、自分の部屋に戻ったねえちゃからまた「ウチへ帰らなくっちゃ」と、やや悲壮な声で電話がかかって来ました。

「なに言ってるの。おばあさんの家は、そこのグループホームでしょ」

「え~。だって、着替えるものも無いし!」

「無いこと無いでしょ。着られそうなものみんな持ってってあるし、家へ帰ったって何もないよ」

「え~。うそ、無いよ。そんなの持たずにきょう来たんだから」

「何いってるの。もう、そこに2カ月近く住んでいるんだよ」

「え~。うそ、おばあさん、もうそんなに居るの? うそ」

「職員の人に聞いてみればいいじゃない。それから、日記を読み直してみな!」

「え~。うそ……」。どうにも納得できない、というふうのままでしたが、らちが明かないので、「おやすみ~」とやや強引に電話を切りました。


harutoshura at 10:37│Comments(0)ねえちゃ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
帰らないと身体拘束禁止のための指針