TOKIOの山口達也メンバーによる女子高生への強制わいせつ問題で、アルコール依存症との関係が云々されています。

アルコール依存症は、量や状況など酒の飲み方を自分でコントロールできなくなった状態のこと。

以前は、意志の弱さや人間性の問題が原因と思われてきましたが、いまでは病気として扱われ、遺伝子と関係も研究されています。

飲んではいけないとわかっていても、脳に異常が起こっているため、飲むのをやめられなくなってしまうのです。

以前も書きましたが、ねえちゃの夫もアルコール依存症で、7年前に亡くなるまで長いあいだ闘病生活に明け暮れました。

そんな夫を看て苦労してきたねえちゃは、酒は頑として飲みません。それは、認知症が進みグループホームへ入ったいまも変わりません。