たけのこ掘りのシーズン真っただなか、となりました。というわけで、ねえちゃのおいが、実家の山でとれたたけのこをきのう、グループホームへ届けてくれました。

おいによると、「今年は、出来がよくない」とのこと。とはいえ、さっそく施設で、ねえちゃも手伝って料理してくれたようです。

たけのこはすぐに食べないと美味しくなくなります。昨年までは、家にたけのこを届けてもらっても、ねえちゃ一人では調理できず、途方にくれていました。

けれど施設へ入ったおかげで、今年からは、みんなで料理して、みんなで味わうことが出来ます。