雨がパラつく中、役所で介護認定の更新手続きをしたあと、1週間ぶりにねえちゃのグループホームを訪ねました。お風呂に入った直後だったようで、くつろいだ、穏やかな様子でした。

この1週間のあいだに、ご近所のかたたちも訪ねてくれたようで、相当に嬉しかったとみえて日記に大きなに赤字でそのことが書き込まれていました。

「何か困っていることはない?」と聞くと、「頭が悪いことのほかは、何もない」と、いつもの返事。

「居心地が良くて、もう家で一人じゃ暮らせないでしょ?」と聞くと、頷きながら「ずっと置いてもらえるように、わがまま言わないようにしなきゃ」と答えました。