ねえちゃにとってこれまで、毎日、血圧を計って血圧手帳に折れ線グラフを書き込むのが、「日記」と並ぶ大きな仕事でした。

でも、グループホームへ入ってからは、血圧測定に関しては施設のほうで毎日きちんとやってもらえるようで、血圧手帳に「折れ線」を書き込む必要がなくなりました。

長いあいだ書き続けて、十数冊にもなる血圧手帳が中断するかたちになって、ちょっぴり寂しそうではあります。が、「それじゃ、日記に集中できるね」と、けっこう前向きです。

何かあったらすぐ、メモの代わりに書き込んでいく。今年の日記帳は書き込むスペースが広いので、それだけでもなかなか大変です。