3月のカレンダー説明書

2018年03月11日

7年

あれから、7年が過ぎました。あらためて、東日本大震災で亡くなられたかたがたのご冥福を祈ります。

東日本大震災が起こった日、ねえちゃの連れあいは意識がなくなり、震災から3日後の14日未明に亡くなりました。

その死は震災とは関係ありませんが、なにか運命的なものを感じならが、毎年「3・11」を迎えます。

連れあいと死別し、ひとり暮らしをしてきた震災後の7年間は、ねえちゃにとって認知症と生きる日々となりました。

そしていまや、震災のことも、夫の死のことも、ほとんどねえちゃの頭に浮かんでくることは無くなってしまいました。

この7年、死後の事務処理にはじまり、病院通いや介護など、アルツハイマー病が進む中でねえちゃがどうやって暮らしていけばいいのか、私にとってもあっという間に過ぎた、模索の日々でありました。


harutoshura at 18:10│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
3月のカレンダー説明書