ハードルまた、イチから

2018年03月01日

蕗の薹

同じデイサービスに通っている近所のおじいさんが、蕗の薹(フキノトウ)を持ってきてくれました。まだ土がくっついている取りたてです。

早春、フキの花茎が伸び出す蕗の薹。そういえばきょうから3月。もう春なんだな、とあらためて気づかしてもらえましたもらえました。

おじいさんは、山菜や果物などしばしば持ってきてくれるのですが、ねえちゃは、まだ名前も住んでいるところも知らないし、聞くのも忘れています。

「もらったはいいけれど、どうやって食べるの?」と聞くと、「ゆでて味噌で和えて」といます。頭には料理の仕方が何となくあるのでしょうが、近ごろは、それを実行することはほとんど不可能になってきました。

本人は出来ると思ていても、実際に料理をする手順にまで至らないのです。ですから、せっかくのいただき物も、ほったらかしにしていて、たいていは傷んで食べられなくなってしまいます。


harutoshura at 20:09│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ハードルまた、イチから