「このまま何もかも分からなくなる前に、コロッととつぜん急に逝ってしまいたい」と、ねえちゃはよく口にします。

急死といえば、俳優の大杉漣さんが亡くなられたのにはびっくりしました。働き盛りのまっただ中で突然いなくなることによる喪失感は、家族や仕事関係のかたがたには大変なものがあるでしょう。

人間、だれも死にます。でも、覚悟のうえでの死と、突然の死のどちらかを選べるかといえば、多くはそうはいかないようです。

これまで病気らしい病気を経験したことのなかったねえちゃは、これまで「死」を自分の問題として考えることは、ほとんど無かったように思われます。

そして、アルツハイマーが進むいま、「死」というものがどうのこうのと考える以前に、何が何だか分からず右往左往するしかない状態に置かれてしまっています。