「戻る」ボタン手作りカレンダー

2018年02月16日

コメント

きょうは、お昼前に、定例のケアマネジャーさんの訪問と、生命保険会社のかたの、手続き書類作成のための来訪がつづいてありました。

「要介護」になったのに伴って、生命保険の毎月の支払いがだいぶ安くなります。ありがたいことに、要介護になった時点にまでさかのぼって保険料が戻って来るそうです。

私たちのような貧乏人には、生命保険にかかる月々の負担は決して少なくないので、助かります。「これでグループホームへ入れるね」とねえちゃに言うと、分かったか分からないかはしりませんが、うなずいてました。

手続きの書類にサインするなどの「仕事」を終えて、午後は、テレビで、オリンピックのフィギュアスケート男子ショートプログラムの観戦。

日本人ならたいてい、羽生くんとか宇野くんとかの演技に注目し、特別な思いで応援したと思いますが、ねえちゃには誰がどういう選手なのかほとんど区別がつきません。

出てくる各国の選手みんなに、「平等」に、「すごい。よくあんなことできるね」などと、同じような「コメント」を口にしていました。


harutoshura at 16:37│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「戻る」ボタン手作りカレンダー