リハビリだと思って毎日、携帯から家の固定電話に電話をするようにねえちゃに言っています。携帯の「連絡帳」ボタンを押して自分の家の番号を探し出し、そこにカーソルを合わせて「決定」のボタンを押す。

固定電話ならそうすれば受話器で話せますが、携帯だとさらに、緑の受話器のマークのついた、電話を掛けるためのボタンを押さなければなりません。

そうやって、やっとつながり、家の固定電話が鳴り出すところまで行っても電話を切ることが、まだうまく出来ません。

ねえちゃは「戻る」ボタンを押す癖がついているので、いくら押しても切ることができないのです。赤い受話器のマークのついたボタンを押せば切れるのですが、それができすにしばしばイライラしています。

1回できても、即刻わすれてしまいます。覚えられることはほとんどなく、いままで楽々できたことが次々に出来なくなっていっているのです。