きょうも朝からねえちゃは布団のなか。何かをする気力も湧かず、たまに起き上がると「ボケバアさん、お困りバアさん」といつもの自虐的な台詞を口にしています。

「ボケてることも、周りを困らせていることもみんな承知の上なんだから、滅入るようなこといちいち言わなくてもいいの!」というと、きょとんとしています。

懸案の携帯電話を掛ける練習は、きのう、一昨日と電話をしなかったので、また掛けられなくなってしまいました。そこで、口うるさくいって、親戚や自宅に掛ける練習を再開しました。

一日さぼると、二日間分ほど後退してしまう。それは、認知症のリハビリにもいえることのように思われます。何事にも消極的なねえちゃは、特にそうなのかもしれません。