本州の南岸を通過している低気圧の影響で、関東の平野部で積雪が急速に増え、東京の都心でも20センチ前後に達する大雪が降って大混乱を招いたようです。

長野市のねえちゃの住むあたたりでも午後から雪がたくさん舞い落ちるようになりましたが、きょうは降り積もるという感じはなく、暗くなるころには落ち着きました。

ねえちゃはこの冬、得意な雪かきをまだしていません。きょうも「雪はどうかな、と思ったときには、もう近所の若い人がうちの近くまで掃いてくれてた」とちょっぴり残念そうです。

夕食のときには、東京に住んでいるお嫁さんと電話で「東京はたいへんなんだね」みたいな話をしていました。雪かきの腕前を見せるのは、明朝以降ということになります。