テレビのローカルニュースを見ていたら、佐久鯉を使ったコイ料理の特集をやっていて、「むかしはよくコイの料理を作ったのにね」とねえちゃと話しました。

海のない信州では海産魚類の入手が難しく、日本海から信濃川に遡上するサケも、下流、中流域で捕獲され尽くしてしまいます。

そのため、淡水魚のコイは、古くから貴重な動物性蛋白源として利用され、祭礼や祝儀用食材として重用されてきました。

輪切りにした鯉を味噌汁で煮込んだ鯉こく、濃い口醤油、酒、砂糖でじっくり煮込んだうま煮など、ねえちゃの得意料理だったはずですが……。