きょうねえちゃは近所の奥さんに散歩に連れていってもらったそうで、ご機嫌そうに電話が来ました。お医者さん行きやグループホームの見学などで、最近はよく歩いています。

不祥事つづきの大相撲ですが、長野県期待の星、東関脇の御嶽海は初日から3連勝と快調なすべり出しで、「大関」に向かって突き進んでいます。

最近はほとんど相撲中継も見なくなってしまったねえちゃですが、御嶽海の話題を持ち出すと「大関になるなんて長野県出身では初めてじゃない」と言います。

「雷電がいる!」。私が、信濃国小県郡大石村(現・長野県東御市)出身で勝率9割6分2厘、「史上最強」とも言われる雷電爲右エ門(1767-1825)の名前をあげると、「そんなの大昔の話でしょ!」と、相手にしてくれませんでした。