認知症の患者数は2025年に700万人を突破し、65歳以上の5人に1人まで増えると推計されているそうです。

豊かな100歳時代のためには「健康寿命」をいかに延ばせるかにかかっていますが、その高いハードルになっているのが認知症なのでしょう。

ねえちゃのように、カラダは元気でも認知症が進んでくるととても「健康」とはいえません。「頭がヘンになっちゃって、死にたい」と再三いわれると周りのシンドさも深まります。

ねえちゃにとって今年は、そんなハードルをなんとか越えていく道筋を探り出さなければならない年になりそうです。

長野市も比較的いい天気のお正月のようですが、いつものように、年が替わったとか、年末年始にだれが来たとか、ぜんぜん頭から消えてしまっているようです。でも、明日からもうデイサービスが始まります。

周りにいる者としては、片っ端から忘れてしまっても、愉しいなと思う瞬間、瞬間が、少しでも多くなるような環境をつくってくことを心がけるしかないような気がしてます。