クリスマスと腕時計3箱とどく

2017年12月25日

2018年日記帳

ねえちゃは、2004年から毎日日記をつけています。これまでに3年用の日記を3冊、そして2013年から今年まで5年用のを1冊。

あと1週間で、14年間4冊を使い切ります。ところが最近は、その瞬間に忘れていってしまうので、その日にあったことを書くということができなくなってしまいました。逆に、いつもメモをしていないと忘れてしまいます。日記を待っているゆとりはぜんぜんないのです。

そこで、日記帳は今年で終わりにして、来年からはいま使っているノートに何かあったらどんどん書いていくように習慣づけようと言い聞かせました。そうでもしないと、生きていけない切羽詰まった状況まで来ているように思われるからです。

ねえちゃは一応納得をしていましたが、14年間続けた日記をやめるのには抵抗があるみたいです。きのうの日記の最後に「日記は今年で終わりだって」と、なんとも無念そうに書いてありました。ねえちゃにとって日記が数少ない生き甲斐の一つなのでしょう。

そうとなると、しょうがない、と、きょうの昼前、近くのショッピングセンターへ行って今回は1年用の日記を買ってきました。大きさや厚さは5年用とほぼ同じです。2日で1ページ。単純に計算してこれまでより5倍のスペースがあることになります。

これならノートの代わりになります。「ノートだと思って朝から何かあったらすぐメモしていくこと。そうしないととても埋まらないよ!」。

「厚さが同じで1年で書かなきゃなんだ。いつまで書けるかな」。ねえちゃは、いま使っている日記帳と並べて、何度もうれしそうにページをめくっていました。


harutoshura at 14:11│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
クリスマスと腕時計3箱とどく