今年も親戚に「市田柿」を注文しました。長野県・高森町市田原産の、約600年前から栽培されているという渋柿で、いまでは和風ドライフルーツとして全国的に有名です。

11月中旬までに収穫・皮剥きをして1カ月くらい乾燥させ、天竜川から発生する朝霧が柿をゆっくりと熟させるとか。食物繊維も豊富に含まれています。

市田柿は、生柿に対する重量比で4分の1程度まで干し上げられ、きめ細かな白い粉に覆われて果肉はきれいなあめ色をしています。

もっちりとした食感と、糖度65~70%、何ともいえない上品な甘さが特徴です。ねえちゃは、お歳暮用やお正月の楽しみに今年は6箱注文しました。