日馬富士の貴ノ岩への暴行騒動で、本場所のことは忘れられがちな感がありましたが、白鵬が区切りの40度目の優勝で幕をとじました。

貴乃花とか日馬富士とかいっても、ねえちゃには、なんとなく分かる程度。父の貴ノ花と息子の貴乃花がごっちゃになっているようなところもあります。

もちろんモンゴル出身の貴ノ岩という関取のことは知りませんし、だれがだれに暴行をふるったかもあいまいです。

ところで、この九州場所で、長野県出身の東関脇、御嶽海の成績は、9勝6敗。今年の6場所すべてで勝ち越しを達成しました。「来年は大関」が現実味を帯びてきました。