「いま、帰ってった」すべてで勝ち越し

2017年11月25日

転居は一大事

半年で14回保護された認知症の母親が、外出を止めた息子の暴行で死亡するという事件が愛知県で起こりました。

60歳の息子が、母親の外出を止めようとしたが言うことを聞かなかったため、左下半身を足蹴りにした後、左側頭部を平手打ちするなどの暴行を加えた疑いがもたらているそうです。

86歳になる認知症の母親は、外に出て歩きまわり、この半年間で警察に14回も保護され、事件が起きた今月12日も外出しようとしていたそうです。

週刊誌によると、「うちに帰りたい」と近所の人たちに何度も話していたそうです。今年転居する前までずっと住んでいた「うち」に帰りたくて、外へ出たけれど途中で分からなって保護されることになっていたことが考えられるそうです。

認知症の人は、生活環境が変わると不安で不安でしょうがなくなるとか。だから当人にとって「転居」は、一大事なのだそうです。



harutoshura at 21:49│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「いま、帰ってった」すべてで勝ち越し