近くまで来たからと、ねえちゃの実姉の長男が寄ってくれました。

「実は」ということで甥が話すには、ねえちゃの「姉さま」がこの夏、畑で、脳溢血のため倒れ、リハビリで最近まで入院していたのだそうです。

多少からだに障害は残ったものの、幸い、最悪の事態に陥ることはなく、リハビリに励んでいるのだとか。

「姉さま」は92歳。いまは家族でめんどうをみていますが、今度の病気で介護がより大変になりつつあるようです。

からだは多少不自由だけど、何ごとにも前向きな「姉さま」。からだは元気だけど、認知症であたまがままならない妹。それぞれに「老い」と対峙しています。