信濃毎日新聞社が長野県内の有権者2000人余りを対象にした世論調査によると、県内5小選挙区では、3区で希望の党の候補が抜け出す勢いで、1区では無所属がやや優位、2区は自民党と希望が横一線の戦い。4、5区は自民がリードを保つ展開が続いているのだそうです。

1区の立候補者は、民進党にいた人なので、県内だけを見れば、与党対野党が五分五分の、しのぎを削る戦いをしているようです。

ねえちゃは、きょうはデイサービス。いつものように風呂へ入ったことのほか、やったことをすべて忘れていましたが、帰って来た声は弾んでいました。

選挙ではどういう人に投票するの?と聞くと、「年金をちゃんとくれる人」と言っていました。