Aokijima

認知症と生きる「ねえちゃ」の近況と、アルツハイマー病に関する覚書です

2017年07月

鮮度

きょうは、生協の宅配が届く月曜日です。受けとってもすぐに忘れてしまうねえちゃですが、最近は「とうもろこし届いた」と聞いて、台所へ見に行ってみて「あったよ」ということで、受け取りを確認しています。

長野県は、とうもろこしの生産も盛んで、全国で5番目前後の生産力があります。そんな地元「長野県産」のとうもろこしを、最近は毎回6本ずつ届けてもらうようにしています。

とうもろこしは、鮮度が急速に落ちる野菜の代表格です。収穫から2日たつと糖度が2度以上低下するのだとか。特に、畑で育っているように垂直に立てて保管するとまだいいのですが、水平に置くと急速に鮮度が劣化するそうです。

以前は、とうもろこしを買ってくるたびに「買ったらすぐ茹でないとダメなんだよね」とねえちゃ自身、諭すように言っていたのですが、最近は、それも忘れて、届いたまんま放っておくことが多くなってきました。

電話をするたびに、「とうもろこし茹でた。早く茹でて冷蔵庫に入れておくこと」と念を押すのが日課になって来ました。

ネット注文

次の一週間にねえちゃが必要な食事や日用品は、日曜日か月曜日に私がネットで注文しています。

まず、ワタミの宅食の注文サイトで、いつもの「おかず」のメニューの来週分を申し込み、清算の手続きをします。

その次に、生協のサイトに移って、カタログを見ながら、食べそうなものを打ち込んでいきます。

ねえちゃに「何か注文する必要なものはないの?」と聞いても、近ごろは「思いつかない」と答えるだけです。

食べそうなものを経験的に類推しながら、「スーパープライス」や「今期最安値」にも注意して、こちらで注文します。それなりに気を遣う作業です。

他に、日用品で不足があれば「アマゾン」でたいていは用が足ります。ネットのおかげで、どこにいても注文できるのは大助かりです。

「最近はぜんぜんお金を使わなくなった」とねえちゃは言うので、「現金を使わなくなっただけで、銀行からドンドン振り落とされているんだから、徘徊のついでに食べもしないもの買ってこないで」といつもクギを刺しています。

花火大会

ゲリラ豪雨・雷雨が発生するあいにくの天気でしたが、東京では恒例の「隅田川花火大会」で賑わいました。

長野県でも野尻湖花火大会、国宝松本城太鼓まつりなどが開かれ、花火や夏祭りがたけなわとなって来ました。

ねえちゃは、花火大会も、北朝鮮のICBMも、稲田防衛大臣の辞職も、何も知らずに、きょうも一日寝床のなかで過ごしたようです。

「どこか調子がおかしいところあるの?」と電話で聞くと、いつものように「アタマがおかしい!」とけっこう元気そうな返事。雨だったので徘徊に出ることもできなかったそうです。

実行機能障害

2、3年前までは毎朝つくっていた味噌汁を、最近、ねえちゃは作らなくなりました。というより、作れなくなってたのかもしれません。

味噌汁どころか、朝にちょくちょく食べていた納豆も、冷蔵庫にたくさん入ってるのに食べなくなりました。これも、食べられなくなったのかもしれません。

味噌汁は、お湯を沸かして出汁を取り、具材を入れるだけです。納豆はもっと簡単で、ネギなど刻んでのせてかき混ぜればいいだけです。

何か作ろうとお湯を沸かしても、つぎ何をすればいいのかわからなくなってしまう。簡単なことでも段取りが取れず、実行出来なくなってしまう。こうした症状を、実行機能障害というそうです。

電子レンジや風呂のスイッチ、エアコンやテレビのリモコンの押し方がわからなくなる、といったことも実行機能障害に入るとか。最近、こうした実行機能障害がねえちゃに目立ってきたな、と感じます。

βアミロイド画像検査

アルツハイマー病の診断は、ねえちゃの場合もそうですが、日常生活で見られる記憶障害や判断能力の低下といった症状と記憶力検査、さらにはMRI画像などを参考に行われています。

できることならもう少し、脳の質的な変化を読み取っての診断ができるようになればな、という気がします。そこで、期待される画像診断法の一つに「PET(陽電子断層撮影)」があります。

PETは、陽電子を出す放射性同位元素を目印とした検査薬を投与して、陽電子が体内の電子と結合する際に出る消滅放射線をカメラで検出し、断層画像を合成します。投与した検査薬の体内分布が代謝や血流の状態を反映するため、脳細胞の活動状態を調べることができます。

アルツハイマー病の原因のひとつに脳神経細胞の老廃物である「βアミロイド」の蓄積があげられています。PETでβアミロイドの蓄積の様子を画像化することで、より機能的な診断が期待されます。

米国では、いま、何万人規模の大規模なPETによる「βアミロイド」画像検査の研究プロジェクトが進められているとか。アルツハイマー診断の新時代が訪れるかもしれません。
松井潤
matsuijun@jg8.so-net.ne.jp
  • ライブドアブログ