高気圧に覆われてぐんぐん気温があがり、きょうは長野も、35度をこえる猛暑日となりました。長野地方気象台からは、高温注意情報が出されました。

高温注意情報は確か、福島第一原発事故の影響による電力不足に備えるため、過度な節電をして熱中症になる人が増えるのが懸念されて6年前に導入されたものだった、と思います。

リビングのテーブルの上に、「外へは出ない」と大きな字で書いた紙を貼り付けました。そして朝、ねえちゃに「熱中症になるから絶対に外へ出ないこと」と念を押しました。

ねえちゃは、冷房が嫌いというわけではないようですが、冷房があることを忘れているのか、自分からスイッチを入れることはあまりしません。

若いときに比べて体温がかなり低くなっているので、35度というのはねえちゃの平均的な体温と同じです。

「きょうは気温が、おばあさんの体温を超えるくらいにまでなったんだよ」というと、少しはハッとするところがあったようで、きょうは徘徊の気配はありませんでした。