認知症の症状が進行するにつれて、ねえちゃの食欲はどんどん旺盛になってきています。きのう4本買ってきたトウモロコシも、すぐにゆでて、「おいしい、おいしい」と平らげてしまいました。

けれども、トウモロコシを茹でる、というあたりまでは出来ても、それ以上の料理となると最近はほとんど不可能になってきています。

知り合いから野菜などをもらっても、私が居ないときは放ったらかしにしたままで、たいていは食べるどころかあることも忘れて傷んでしまいます。

親せきなど事情を知っている人たちは、最近は気をきかせて野菜の差し入れなどを控えてくれるようになってきました。

食欲旺盛と言っても特に「これを食べたい」というものがあるわけではありません。冷蔵庫の中にあるすぐ食べられる出来あいのお惣菜などを手あたり次第、むしゃむしゃ食べるのです。満腹中枢が少々おかしくなっているのでしょうか? 

せめていま何を食べているのかくらいは自覚してもらいたいと、食べたらすぐに今何を食べたかメモするように言っているのですが、当然、そんなことはすぐ忘れてしまっています。