きょう、ねえちゃはデイサービスの日です。だいぶ習慣になって来て、最近は行くのを嫌がることもなくなってきました。

いつものように、お風呂へ入ってきたことは覚えていますが、「ごろっと寝てただけ。ほかはみんな忘れちゃった」といいます。

アタマのほうはアルツハイマー病がかなり進行してきているなと感じますが、カラダについてはこれといった不自由はいまのところありません。

家にいても寝ているだけなので、「薬も増やしたことだし、デイサービスも週2回とかに増やそうか」と提案してみますが、本人はなぜか乗り気になってくれません。

まわりで行くように言うから行っている、というだけで、自分で積極的にしたいということがない。ねえちゃの“困りもの”の性格は、なかなかうまいようにはなりません。