ねえちゃの住む長野市の市長選挙が、もうすぐあるようです。

きょう、新人で会社役員の土屋龍一郎さん(55)という人が記者会見して、「長野市の歴史、文化、五輪など多くの資産を発掘し、活用することに尽力したい」と立候補を表明したと報道されていました。

土屋さんは、長野青年会議所理事長、日本青年会議所会頭を歴任し、最近まで市の第三セクター「エムウェーブ」の社長だったという人だそうです。

ねえちゃに「いまの市長さん何ていう人なの」と聞いても「知らん」といいます。県知事さんは、総理大臣と同じ呼びかたの「アベさん」らしい、というのは頭のどこかにあるようですが……。

報道によると現職は、加藤久雄さん(74)という人だそうで、すでに出馬の意向を固めて、近く市議会一般質問で表明する予定だとか。

共産党長水地区委員会や長野労連などで「市民が主人公の長野市政をつくるみんなの会」という、選挙の前になると似た名前をよく耳にする団体ができていて、選挙戦への対応を検討しているとか。三つどもえになる可能性もあるということでしょうか。

10月22日告示、29日投開票なのだそうです。選挙のことはよくわかりませんが、そのときねえちゃが、誰が立候補していて、自分は誰がいいと思い、投票に行ける、そんな状態であってもらいたいものだと願っています。