「せっかく新聞を取っているのだから、テレビ欄くらいは見て、きょうはどの番組をみようか思いめぐらすようにすれば楽しみができるんじゃない」。

そう言っても、ねえちゃはテレビにはほとんど無関心で、地上波やBSの区別や映るチャンネルがどれとどれがあるといったことも分かっていないようです。

基本的に一人暮らしで時間はあり余るほどあるので、チャンネル争いもせず、好きなテレビ番組を思いっきり見られるはずなのですが。

でも、考えてみれば、ねえちゃの人生の中で、自分でチャンネルを選んで好きなテレビを見るという機会がどれくらいあったのかな、と疑問に思われてきました。

もちろん、子どものころは見たくてもテレビなぞない時代でした。テレビが出まわるようになっても、チャンネルは子どもたちの好みに合わせて、でした。

連れ合いと二人で暮らすようになっても、チャンネルは亭主関白でノンベエの夫が言うがままだったことでしょう。

「自分の好きな番組を見る」という、どうということのない“宿題”を課すのは、経験のないねえちゃにとっては酷なものなのかもしれません。