ねえちゃが飲みはじめた「メマリー」は、中等度以上に進んだアルツハイマー型認知症の治療に用いられる、唯一、他の薬と併用が可能な薬だそうです。

併用しているアリセプトのようなアセチルコリンエステラーゼ阻害剤とは作用機序が違って、アルツハイマー型認知症の原因のひとつとされる脳内の「グルタミン酸」の濃度の上昇を抑える働きがあるのです。

グルタミン酸は、記憶・学習などにかわる脳神経のシグナル伝達で重要な役割を担っています。メマリーは、このグルタミン酸の伝達通路で受け皿的な役割を担っているNMDAという受容体にフタをして、グルタミン酸の濃度が増えないようにする働きがあります。

興奮して怒りっぽくなる、攻撃的になる、徘徊するといった症状の軽減効果も期待できるとか。めまいや傾眠、幻覚、便秘などの副作用がでるケースもあるそうですが、ねえちゃにそうした気配はありません。

生活のなかで、目にみえるような効果を期待するのは無理でしょうけれど、何らかの働きが期待できるアルツハイマーの薬を日常的に飲むことができるようになったというだけでも、隔世の感がします。