ねえちゃは最近、携帯電話を使うことはほとんどありません。たまに出歩くとき、歩数計の代わりに使うくらいです。

固定電話のほうも、家族以外からはほとんどかかって来ることはありません。

電話で調子よく受け答えしてもまったく頭に留まらず通過していくだけで、電話があったことも記憶に残りません。

ですから、電話でのやり取りはほとんど意味を成さなくなってきてるだけでなく、連絡をした、しないでかえって混乱を招くこともあるのです。

電話が来たという記憶がすぐに飛んでしまうので、電話がかかってきたかどうかは着信履歴を見て確かめるしかありません。

着信履歴に知らない番号が載っていると、ネットで、その番号がどこからのものかを調べるようにしています。

たいていは何らかのセールスなので、どこの会社なのか、それがつかめなくても、どこのあたりからかかってくるどういう系統の電話なのかは掴めます。

そして、それらの番号には、機械的に「こちらは○○○△△△□□□□です。この電話はお受けできません。ご了承ください」のメッセージで応じてくれる「迷惑電話」機能を用いることにしています。