風は少し寒いのですが、山々がくっきりと見える晴天。きょうは、お医者さんの日です。
 
もう10回以上通っているのにいまだに行く道がわからないねえちゃと、いつもの脳神経外科に歩いていきました。

最近は、血圧が高い日も多く、気分の浮き沈みも激しさを増しています。それに最近は、大好きだったはずのお風呂にも入ろうとしなくなったという“異変”も起こっています。

そこで、先生と「薬を増やしてみましょうか」という話になりました。新しい薬を服用する前に血糖や腎機能を調べる血液検査が必要、ということで「採血」をしました。

ねえちゃはいつものように病院を出るとすぐに、自分がどこで何をしてきたか忘れてしまいます。右腕をめくらせて「これやってきたんでしょ」と採血の跡を示すと、やっと少し思い出すようでした。