デイサービスセンターで知り合った近所のおじさんからいただいたふきのとうで、ねえちゃは今晩「ふきのとう味噌」を作りました。

春を告げる山菜、ふきのとうにはいろんな料理があります。天ぷらにしてもいいし、おひたしや和え物、魚や肉料理の付け合わせ、パスタの具材としても使えます。

でも、いまのねえちゃにできる料理は「ふきのとう味噌だけ」だといいます。ふきのとうを水に浸しアクを抜き、熱湯で茹でてから細かく刻んで、味噌とみりんを合わせたものと一緒に炒めて作ります。

すがしい香りにほんのり苦味がきいて、ご飯の上に乗っけると食が進みます。それに、日持もいい。

ところが、出来上がったふきのとう味噌は残念ながら、見た目を含めてあまりにしょっぱい。

ねえちゃ自身も「失敗作」であること、認めざるを得ないようでした。