新年度がスタート、あちこちの企業で入社式が行われました。今年度は全国でおよそ89万人が社会人の仲間入りをしたそうです。

私にとっての「入社式」体験は、もう30年以上むかし。ただただあわただしかった、というだけでこれといった印象は残ってません。

専業主婦業が長かったねえちゃにとっての「入社式」といえば、 1976(昭和51)年4月、40歳の節目に、オープンとともに勤めはじめたダイエー長野店でしょう。

いまは亡きダイエー社長の中内功さんは、入社式には英語でスピーチすることで有名でしたが、「魚売り場」で働いていたねえちゃには英語は関係なかったそうです。

ねえちゃが勤め始めたころは飛ぶ鳥を落とす勢いのダイエーでしたが、バブル崩壊後の1990年代から業績不振に陥り、ダイエー長野店も2000年に閉店してしまいました。